南アフリカ通貨(ランド)でFXを始めました。

FXは儲かると聞いたので、自分もあやかる事にしました。

今週の成績(7/1)、半期結果

安くなったら買い、高くなったら売る。
これがFXの基本です。
 
しかし実際には、いつが高値で、いつ安値かは過ぎ去って見ないことには判りません。
では実際どうしているかと云うと、自分が安いと思った時に買い、高くなったと判断した時に売却しています。
 
安いと思って買ったけど、更に下がってしまうこともありますが、その時は益が出るまでSWP財源として保有しています。
また、高値で売ったと思っても,それ以上に値上がりし悔しい思いをすることもありますが、手元に僅かながらでも益が残ったことを良しとしています。
この様な運用方式は、資金効率の面からは落第点に近いでしょうが、確実に益を手に入れることができています。
 
日々小さな額でも積立できれば、いずれ大きな額となります。
大きな額になれば、更に通貨数を増やすことができます。
そうすると更に積立ができます。
 
この手法ではノンビリし過ぎて 「1~2年では目に見える成果は見込めない!」 と思っていましたが
半年を過ぎて振り返ると、以外にも大きく成長していました。
このまま推移すれば、SWPを含め年10万円を達成できそうな状勢です。
 
     年当初(12/31)    6月末(7/1)
資本金    160,603円     216,932円(うち20,000円は資金注入)
未確定SWP  4,423円     26,204円
 
引き続き「こつこつ手法」を継続して行こうと思います。
 
 
 
それでは、今週の成績です。
いつもより少なめの成果結果でした。
 
資本金     216,932円(週益766円)
保有通貨数   102,100ZAR
平均仕入値  8.2174円
評価損益    36,542円
未確定SWP  26,204円(週益997円)
 
 

今週の成績(6/10)

今週のZAR円は低調な動きでした。週末にやや戻した以外良いところがありませんでした。
SWP単価もいつの間にか16円に戻っておりました。残念!!
 
10年ほど前はZAR円のSWP単価は30円以上もあったそうです。
その時はZAR円に限らずUSD円、GBP円などの主要な通貨もSWP単価が軒並み高かったため、SWP派が大発生したそうです。
しかしその後、何度かの大暴落による強制退場者の増と、SWP単価の引下による妙味減少により、SWP派は絶滅したと云われています。
 
今、ネットでSWP派を検索しても、古い書き込みが殆どで、今も継続している者は確かに少ないようです。
SWP派は資金管理さえ間違えなければ非常に有効的な手法なのですが、なぜか減少してしまった様です。
 
SWP派は頭を使いませんし、定期的に画面を見る必要もありません。
ただ、資金管理さえ怠らなければ良いのです。
利益は僅かですがほほ確実に利益が得られます。
 
SWP派が少しでも増えることを期待します。
 
 
 
それでは、今週の成績です。
※来週の更新はお休みとなります。
 
資本金     214,323円(週益900円)
保有通貨数   104,600ZAR
平均仕入値  8.2252円
評価損益    33,606円
未確定SWP  23,018円(週益1,071円)